Food division

トップ > 食品部門

食品部門

弊社では、暮らしに大歓迎されている加工食品を作るのに必要な食品添加物を製造しております。
食べ物の保存や加工をするにあたり、肉の燻製、魚の塩漬けで保存性の向上、豆腐を固めるためのにがり、梅干を赤く色付けする紫蘇など昔から多くの工夫がなされてきました。現代ではこれらから、さまざまな安全性試験の元、安心して使えることを確認された食品添加物が食品衛生法に記載されています。
弊社では、食品添加物の中でも食品をより美味しく魅力的にする為の「香料」を主として、食品の品質向上を目的とした「酸化防止剤」「日持向上剤」、β−カロテンを用いた水溶性色素製剤など多種多様の食品添加物を製造しております。また、バニラやコーヒーを用いた香料ベース抽出技術を利用し、各種天然物からの有効成分、生理活性物質の抽出など受託加工を行っております。

主な取扱商品

  • ● 食品香料 −− 水溶性香料(飲料、ゼリー等 各種フルーツ等) / 油性香料(製菓、バター等)
     / 漬物・惣菜用乳化香料(ユズ、シソ、ワサビ等)
  • ● 酸化防止剤 −− 油性(RN-L2)、水分散性(RN-K2)
  • ● 日持向上剤 −− TN-T、TN-S、TK-009等
  • ● アミノ酸、ビタミン類等 粉末混合品の受託製造
  • ● 天然物の受託抽出・加工 <実績例>茶、アガリクス、竹、各種ハーブ類等

設備

ページトップへ戻る